レビュー

パーソナルジムで学んだダイエットを成功させるために大事なこと

ダイエットや筋トレで成功するためには「目標設定が大切だ」と言われがちです。

私も最初はそう思っていて、今のままじゃヤバイとか理想の体型にならねばと思い、ダンディハウスのパーソナルジムに入会したわけですが、入会して約3ヶ月で体重はマイナス6.5kg、ウエストやヒップなど身体のあらゆる部位でマイナス5cmという結果を出すことができました。

ただ、これといった目標があるかといったら、特にそういうものはなく「理想の体型は?」と聞かれてもこれといった返事が思いつきません。

私の持論では「明確な目標がなくてもダイエットは成功する」んですけど、それでは何が必要なのかを実体験から紹介していきたいと思います。

ダイエットで成功するために必要なことは?

ダイエットや筋トレで成功するために必要なこと。それは「毎日必要なことをちゃんと継続すること」です。

目標達成のためには習慣化が大事だと聞いたことがあるかもしれませんが、仮に目標が明確になっていなかったとしても、身体に良い習慣を毎日続けていけば、身体は勝手に変わっていきますし、悪い習慣を繰り返してしまえば、どんどん理想から遠ざかってしまいます。

そして、目標が明確であることは「良い習慣を作る」ことと直接関係ありません。

確かに「モチベーションを高める」ためには効果があるかもしれませんが、モチベーションほど信用できないものもないわけで、それよりは適切に努力を習慣化していく方が遥かに効果的です。

ダイエットを習慣化するために必要な3つの要素

それでは、ダイエットを習慣化するためには、一体何が必要なのでしょうか。私が考える要素は以下の3つです。

  • 強制力
  • 楽しさ
  • メンター

それでは順番に見ていきましょう。

ダイエットの習慣化ポイント1:強制力

何かを習慣にするには意志の力が必要と思われがちですが、人の意志ほど当てにならないものもありません。

それよりも「強制的」にやらざるを得ない状況を作ることで、まずはどれだけ大変でもちゃんと人は行動できるようになるし、行動が続いていけば、脳がそれを「毎日やらないと気持ちが悪いもの」として捉えるようになります。

ちなみに僕はパーソナルジムの予約を1ヶ月〜2ヶ月分先に入れてしまうので、そこで強制力をもたらしています。(予約キャンセルは電話しないといけないので「面倒くさい」という気持ちからキャンセルしづらくしている)

行きたいとか行きたくないに関係なく予約を入れてしまって「行かざるを得ない状況」を作ることで、とりあえずはジムまで足を運ぶことになりますし、パーソナルジムなので着いてからも強制的にワークアウトが始まります(笑)

とりあえず、自らの行動を強制させることはめちゃくちゃ効果がありますね!

ダイエットの習慣化ポイント2:楽しさ

子どもの頃のゲームやマンガのように、自分が取り組んでいて楽しいことなら、人は寝食を忘れて没頭することができます。

つまりダイエット自体も「楽しく取り組める」のであれば、特に苦痛だとも面倒だとも思わなくなるのではないかということです。

私が通っているパーソナルジムでも、筋トレそのものが楽しいという領域にまで達することはできていませんが、トレーナーさんたちとの会話や交流が楽しかったりして、普通にそこに通うことが趣味のようになっています。

強制力と楽しさは時に相反するかもしれませんが、学校の部活などもそうですよね。僕は強制力も楽しさもどちらも必要だと思います。

ダイエットの習慣化ポイント3:メンター

メンターとは「師匠」のことですが、やっぱり「正しい方向性で努力が継続できている感覚」がないと人は何かを続けていくことは難しいのだと思います。

ダイエットは停滞期もありますし、特に最初は今までの生活のあらゆるところを変えていかないといけないわけで大変なことは多いです。

そんな時に「信じられる存在」がいることの重要性はかなり大きいです。

自分のことは信じられなくても、この人のことは信じられる。そう思える人がいたら習慣化の大敵である「迷い」も払拭することができますよ!

最後に:目標はなくてもいいんじゃない?

目標がある方が頑張れるという人もいますが、目先の目標を達成することばかりに意識が集中してしまって、視野が狭くなってしまったり、辛くなってしまったら元も子もありません。

ちなみに私もトレーナーから「どんな身体になりたいとかありますか?」とか聞かれますが、本当に全くないんですよね。だから「トレーナーさんが思う私のベストにしてください」と答えるようにしてます。

これも信頼関係のなせる技かもしれませんが、やはり信頼できる人を見つけて、そこに強制的にコミットして、その中で楽しみを見つけることが全てかなと思います。

ダイエットは長期戦です。長期的に続く習慣力を身につけるためにも、今回の3つの視点を大事にしてもらえたら幸いです!

error: Content is protected !!