未分類

破産者マップの見方やURL!見れない場合やエラーが出る理由はなぜ?

破産したことがある人を可視化することができる、破産者マップが公開されました。

某有名事故物件サイトみたいな感じで地図上にて、破産者を確認することができます。

ただ、現在は破産者マップが見れない状況・エラーが出る状況となっています。

破産者マップの見方やURLをご紹介します。

破産者マップとは?

“破産者マップ”とは、官報に掲載された破産者をマッピングしたまとめサイトです。

大島てるの事故物件サイトは有名ですが、その破産バージョンだと考えると分かりやすいですね。

破産をすると、内閣府が発行する「官報」に掲載されることになります。

そして、30日分は無料で公開されているのです。

破産者マップは、この官報の情報をもとに情報が掲載されているのですが、物議を醸しているのは「直近30日以前の情報も掲載されている点」です。

破産者マップの見方やURL

実際の破産者マップのURLはこちらです。

破産者マップのURL:http://www.hasanmap.tokyo/

ただし、2019年3月18日現在、ページが真っ白になっており見ることができません。

破産者マップが見れない&エラーの理由

破産者マップがエラーが出て見れなくなっている理由として考えられるのは、以下となります。

・アクセス過多でサーバが落ちてい流ため

・サーバ管理者にブロックされているため

破産者マップの公式ツイッターもサーバが落ちているとコメントしています。

ただ、ページの表示のされ方からすると、現在はサーバが落ちているのではなく何らかの方法でブロックされている可能性もありそうです。

破産者マップの見方

上記理由によって破産者マップは見ることができない状況のため、リアルタイムな情報を見る方法は「サーバエラーが解消するのを待つ」しかありません。

破産者マップのイメージとしてはこんな感じとなります。


また、画面キャプチャ画像は魚拓で確認することができます。

こんな感じで破産者の情報が表示されています。


エラーが解消される時が来るのか謎な状況ですが、状況を追ってみたいと思います。

あわせて読みたい
破産者マップの運営者を特定?違法性ありで訴訟&損害賠償も?!破産した人をマッピングして表示させる"破産者マップ"が登場して物議を醸しています。 破産者マップで公開されているのは「債務者名・住...
error: Content is protected !!