沢村一樹の息子がしゃべくりでテレビ初登場!似てないけど塩顔イケメン!
俳優・女優

堀ちえみの歯医者はどこ?なぜ誤診で口腔がんを口内炎と勘違いしたのか?

堀ちえみさんがステージ4の口腔がんであることを2019年2月19日に発表されました。

堀ちえみさんは自身のブログで以前から「口内炎が治らない」と口内炎に悩まされていることを綴っていたのですが、まさか口腔がんだったとは驚きでしかありません。

2018年11月に掛かりつけの歯医者で診察を受けているものの、誤診で口内炎と診断されてレーザーを何度も当てているため、ヤブ医者疑惑が浮上しています。

また、リウマチ治療で掛かりつけの医者には”薬の副作用”と診断されていました。

堀ちえみさんの掛かりつけの歯医者はどこなのでしょうか?

また、なぜ誤診で口腔がんを口内炎だと勘違いしてしまったのでしょうか?

堀ちえみは歯医者の誤診で癌発覚が遅れた?

口腔がんを公表した堀ちえみ出典:MSN

堀ちえみさんは2019年2月19日に自身のブログで口腔がん(舌がん)であることを公表しました。

すでにステージ4ということで、かなり症状は進行しており厳しい状況です。

もっと早くに気づくことができなかったのか不思議に思いますが、実は堀ちえみさんは結構前から掛かりつけの歯医者を受診していたのです。

堀ちえみは歯医者に行っていた

堀ちえみさんがブログで綴っている癌発覚までの経緯をまとめると以下となります。

2016年春:リウマチ&神経障害性疼痛が発覚

2018年夏:舌の裏側に小さい口内炎ができた→治りが遅く病院を受診→塗り薬やビタミン剤を処方

2018年11月:口内炎が治らずひどくなった→掛かりつけの歯医者を受診→何度かレーザーで焼く

悪化してリウマチ治療の主治医に相談→飲んでいる薬の副作用かもしれないと助言

2019年1月:ひどくなる一方でしこりも増え続けて激痛

2019年1月21日:自身で大学病院を受診→癌発覚(左首リンパにも転移)

2018年夏に口内炎ができたと勘違いしていたものは口腔がんの症状だったわけです。

そして、秋には歯医者を受診していたのですが、単なる口内炎と誤診されてレーザー治療を何度もしていたのです。

数ヶ月も口内炎が治らないというのは素人目線で考えても異常な事態ですから、大学病院への紹介状を書くなどしてくれればいいのに…と思ってしまいますよね。

癌発覚が遅れた原因は、掛かりつけ歯医者の誤診だとも言えるでしょう。

堀ちえみの歯医者はどこ?誤診がひどいと炎上

堀ちえみさんの口腔がんを口内炎だと誤診した歯医者はどこなのかについては特定されていません。

堀ちえみさんのご自宅は、現在東京の文京区にあります。

ただ、自宅近くというよりは、プライバシー保護のためにも芸能人御用達の歯医者を利用している可能性が高いと思われます。

歯医者の誤診がひどいとの声

堀ちえみの歯医者はなぜ口内炎と誤診したのか?

堀ちえみさんの歯医者はなぜ口内炎だと誤診してしまったのでしょうか…

口内炎ではないことを疑いもしなかったのは、歯科医師の”怠慢”なのではないかと思います。

レーザー治療を1回始めたために、レーザー治療を繰り返している途中で言いづらくなってしまったのでしょうか…

もちろん医者も何でも分かるわけではありませんので、掛かりつけの歯医者にすべての責任があるとは言えませんが、もし本当に患者のことを考えていたら紹介状を書いていたのでは…と思ってしまいます。

セカンドオピニオンがいかに大切かということを改めて感じますね。

error: Content is protected !!