スポーツ選手

鍵山優真の父親(コーチ)は元日本代表!杖を持ってる理由は病気?

鍵山優真選手のコーチは父親が務めています。

父親はフィギュアスケートの元日本代表オリンピック選手です!

コーチのため父親の姿もよくテレビに映りますが、杖を持っており左半身が麻痺しているように見受けられます。

父親は病気なのでしょうか?杖を持っている理由について調べました。

鍵山優真の父親(コーチ)は元五輪代表

鍵山優真と父親

鍵山優真選手の父親・鍵山正和さんは元フィギュアスケート選手です。

  • 生年月日:1971年4月12日
  • 出身:愛知県名古屋市

鍵山正和さんは1991年から3年連続で全日本フィギュアスケート選手権で優勝。

1992年アルベールビルオリンピック、1994年リレハンメルオリンピックに2大会連続で出場しています。

入賞はできず13位・12位という結果でしたが、1994年世界選手権で自己最高の6位入賞。

当時23歳でしたが、この大会にて現役引退しています。

こちらが父親・鍵山正和さんのジュニア世界選手権に出場した時の動画です。現在の鍵山優馬選手の年齢と近いです。

ジャンプにもキレがあってさすがですね!

父親は、現在は鍵山優馬選手のコーチを務めています。

鍵山優馬選手が次々と結果を残しているのも、父親の指導あってこそなのです。

鍵山優真と父親のエピソード

鍵山優真と父親

鍵山優馬選手がスケートを始めたのは父親の影響でした。

幼い頃からスケートに親しんでおり、よくリンクに遊びに連れて行っていました。

5歳の時に鍵山優馬選手が「スケートをやりたい」と自ら言ってきたことがきっかけで本格的に練習を始めています。

実の父でもありコーチでもあるため、指導は親として無駄に感情が入りすぎることも。

家に帰ってから父親が「ごめんね」と謝ることもよくあるそうです。

鍵山優馬選手はとても練習熱心で、1日足りとも完全休日はありません。

鍵山優馬選手のセンスは父親譲りで、中3の時にわずか練習開始3週間で4回転トーループを成功させています。

2019年12月の全日本選手権で3位入賞した時は、父親はびっくりして声が出ていませんでした。

鍵山優真の父親

高1で全日本選手権の表彰台に上がるのは22年ぶりの快挙となります。

鍵山優真の父親は病気?脳梗塞の後遺症?

鍵山優馬選手の父親は、常に杖を持っています。

左足を引きずっている姿がテレビに映ったことがあり、左手もいつも握りしめたままです。

左手が麻痺している鍵山優真の父親

鍵山優馬選手と握手を交わす時も、左手は膝の上から全く動いていません。

左手が麻痺している鍵山優真の父親

左半身に麻痺があるのだと推測できます。

麻痺の理由は何らかの病気か、脳梗塞の後遺症である可能性が高いです。

脳梗塞の後遺症として半身麻痺の症状が出る場合があります。

2019年12月の試合中に解説者が「去年はお父さんが体調不良で会場に来ていなかった」と話していました。

父親は2018年ごろに何らかの病気(脳梗塞の可能性も)になっており、後遺症として麻痺が残っているのでしょう。

辛い時期を乗り越えて父親と息子で勝ち取った全日本3位は本当に嬉しかったでしょうね!

今後も鍵山優馬選手の活躍に期待です。

error: Content is protected !!