ジャニー喜多川の家系図&タレント派閥まとめ!遺産がやばすぎると話題に・・
芸人

みやぞんの実家は貧乏!母子家庭で生い立ちが衝撃的だった!

みやぞんは5人兄弟の末っ子として生まれていますが、実家はとても貧乏でした。

貧乏エピソードはどれも驚くものばかり…!

母子家庭で母親が女手ひとりで育てているのですが、実はみやぞんは隠し子だったのです。

衝撃的なみやぞんの生い立ちについてもまとめました。

みやぞんの実家の貧乏エピソードがやばい

本名:宮園大耕

生年月日:1985年4月25日

出身:東京都足立区

みやぞんは5人兄弟の末っ子として生まれており、姉が4人います。

父親はおらず母子家庭だったため金銭的に厳しく、かなりの貧乏生活を送っていました。

驚きの貧乏エピソードをご紹介します。

貧乏エピソード①実家は6畳

みやぞんは6人家族だったわけですが、幼少期には六畳一間に6人で生活していました!

一人あたり一畳・・・!

寝るだけならまだしも、食事や全ての生活をそのスペースで過ごすだなんていくら子供が小さくてもかなり大変です。

さすがに大きくなってからはもう少し広いお家に引っ越したそうですが、衝撃的です。

貧乏エピソード②肉なしカレー

カレーを自宅で食べるときは、6人前に対してルーはひとかけらのみ!

しかも具は肉なしで、じゃがいもと玉ねぎだけでした。

ルーが少ないのでかなり水っぽい”しゃばしゃばカレー”でしたが、みやぞんはこのカレーが大好物だったそうです。

貧乏エピソード③ご馳走はキャベツ一玉

誕生日にはケーキが出てくるのではなく、茹でたキャベツ一玉が出てくるのがみやぞんの実家の定番でした!

キャベツ一玉って相当な量ですよねw

普段は山盛りの野菜を食べれることなんてありませんでしたから、お祝いの日だけの特別メニューです。

貧乏エピソード④母親の指輪を質屋に

みやぞんは学生時代に野球をしていたのですが、野球のユニフォームを買うお金を工面するのも厳しい状況でした。

そんな時、みやぞんの母親は大事にしていた指輪を質屋に入れて、そのお金でユニフォームを購入したそうです。

経済的に厳しくても子供がやりたいことは無理してでもやらせてあげる、母親の愛が感じられる素敵なエピソードですね。

貧乏エピソード⑤姉はネジをペットに

これだけギリギリの生活でしたから、もちろん実家でペットを飼う余裕はありませんでした。

みやぞんのお姉ちゃんはペットが欲しすぎて、ネジをペットにして可愛がっていたという天然(?)エピソードもあります。

「ペットブームの時に家が飼えないんですよ、お金もないし。うちのお姉ちゃんが『内緒で実はペット飼ってるよ』って言って。団地の(建物の)下に隙間があるんですよ。そこに段ボールがありまして、パッて開けたら毛布の上にネジが置いてあって」と話すと浜田は「ホンマか!姉ちゃんマジなの?」と驚愕。

出典:めるも

名前は”ランラン”と名付けていたそうです。

みやぞんが貧乏だった理由は母子家庭!生い立ちが複雑

みやぞん出典:OTEKOMACHI

みやぞんの実家がここまで貧乏だった理由は、母子家庭だったためです。

母親一人の稼ぎで子供5人を育てるとなると、切り詰めた生活になるのも理解できます。

みやぞんの父親はなぜいないのか?というと普通は”離婚”を思い浮かべますが、驚きの事実があったのです。

母子家庭で隠し子だった

みやぞんは母子家庭で育っていますが、姉4人とみやぞんは父親が違いました。

しかも、みやぞんは実は隠し子で、近所のプラスチック工場の社長さんとの間にできた子供だったのです!

1人目&2人目の姉→父親①

3人目&4人目の姉→父親②

みやぞん→近所の工場の社長さん

社長さんはみやぞんが小さい頃もよく自宅に遊びに来ていたそうで、ずっと”お兄ちゃん”と呼んでいました。

ところが、中学を卒業する頃にはなぜか「お父さんと呼びなさい」と言われ、後々実の父親だったことが発覚したそうです。

母親は二度の離婚歴

みやぞんの母親

みやぞんの母親は二度離婚しており、近所の工場の社長さんとの間に子供(みやぞん)を作っていることになります。

なかなか破天荒な母親ですが、いくら貧乏でも子供5人には愛情をたっぷり注いで育てているので素敵です。

幼少期には貧乏で苦労しているみやぞん。ブレイクしたことによって、母親にはたくさん恩返しをしてあげられそうですね。

あわせて読みたい
みやぞんの家(自宅)の場所はどこ?新居の家賃は50万以上か!みやぞんがブレイクしてから引っ越しを繰り返しており、2018年5月からは都内の某高級住宅街の最上階の家に住んでいます。 以前は東十...
error: Content is protected !!