ジャニー喜多川の家系図&タレント派閥まとめ!遺産がやばすぎると話題に・・
俳優・女優

岡田准一と蒼井優の交際期間や破局理由!宮崎あおいとは三角関係に!

岡田准一さんと蒼井優さんは、2008年春から2009年秋まで交際していました。

蒼井優さんの方から振ったとされていますが、破局理由はいったい何だったのでしょうか?

その後、岡田准一さんは宮崎あおいさんと2011年ごろから交際を始めて2017年12月に結婚しています。

もともと蒼井優さんと宮崎あおいさんは親友でしたが、三角関係によって友情にヒビが入ったという噂も?!

岡田准一と蒼井優の交際発覚

岡田准一と蒼井優の熱愛

2008年8月、フライデーが岡田准一さん(当時27歳)と蒼井優さん(当時23歳)の熱愛を報じたことにより交際が発覚しました。

相合傘で歩いており、スーパーで食材を買い込んで蒼井優さんの自宅にお泊まりしている様子がスクープされました。

お互いの事務所は交際を否定しておらず「プライベートは本人に任せている」とコメントしています。

共演作品はタイガードラゴン

岡田准一と蒼井優の共演作品

岡田准一さんと蒼井優さんが仲良くなったきっかけは、2005年のドラマ「タイガー&ドラゴン」での共演でした。

岡田准一さんが演じる谷中竜二が経営するショップの店員役を蒼井優さんが務めました。

関係者によると、撮影現場でも頻繁に携帯でメール交換している姿が目撃されていたそうです。

岡田准一と蒼井優の破局理由

岡田准一と蒼井優の破局

2010年4月、日刊スポーツが岡田准一さんと蒼井優さんが昨年秋に破局していたことを報じています。

<岡田准一と蒼井優の熱愛>

2005年:共演

2008年春:交際開始

2009年秋:破局

交際期間は約1年半ほどでした。

破局理由はいったい何だったのでしょうか?

破局理由は多忙によるすれ違い

破局理由は「多忙によるすれ違い」と報じられています。

それぞれ映画や舞台の大きな仕事があった時期だったため、すれ違いの生活が続いて破局することになったとのことです。

お互い大きな仕事を抱える中で将来を真剣に話し合い、別れることを選んだようだ。それぞれ映画やドラマの撮影で多忙を極め、すれ違いの生活が続いたことが破局の最大の原因になったという。

出典:日刊スポーツ

大森南朋とのデートも関係?

岡田准一と蒼井優の破局理由

蒼井優さんは2009年秋に岡田准一さんと破局した後、2010年1月に大森南朋さんとのおでんデートがスクープされてその後交際に発展しました。

蒼井優さんと大森南朋さんは2010年放送の「龍馬伝」で共演していますが、撮影は2009年から行っていたはず。

蒼井優さんが大森南朋さんのことが好きになったことがきっかけで、岡田准一さんとは曲したのでは?という噂もあります。

岡田准一と蒼井優は結婚間近だった?

岡田准一と蒼井優

岡田准一さんは蒼井優さんとの結婚を真剣に考えていたと言われています。

破局間近の2009年夏、岡田准一さんは自宅マンションを5000万かけて改装しており、インテリア選びは蒼井優さんの意見を取り入れていました。

結婚を見据えての自宅マンション改装だったようですが、同居することなく破局してしまいました。

蒼井優さんから破局を切り出しており、岡田准一さんは引きずっていたとか・・

「自宅を5000万かけて改装させた上にポイ捨てした」として蒼井優さんが魔性の女と言われるきっかけとなりました。

岡田准一・蒼井優・宮崎あおいの三角関係

岡田准一と蒼井優と宮崎あおいの関係

岡田准一さんは蒼井優さんと破局後、宮崎あおいさんと交際をして結婚しています。

2011年に交際がスクープされた時点では、宮崎あおいさんはまだ高岡奏輔さんと夫婦関係にあったためいわゆる不倫関係でした。

その後結婚に至っているものの、これによって宮崎あおいさんと蒼井優さんの関係が壊れたという噂もあります。

二人はモデル時代の10代の頃から仲が良く、”戦友”として切磋琢磨してきた仲でした。

蒼井優と宮崎あおいの関係

宮崎あおいさんの25歳の誕生日会に蒼井優さんが出席したりと、岡田准一さんと宮崎あおいさんが交際を始めるまでは交流がありました。

ところが、交際が始まると今までとは違った関係になった模様です。

「2009年に蒼井さんは岡田くんと別れ、その後、宮崎さんが交際をスタートさせました。蒼井さんは天然で豪快なところがあるので、岡田くんのことは完全に過去のことと考えているのですが、生真面目な宮崎さんのほうは嫉妬というか、蒼井さんを“元カノ”として見てしまっているそうです」(テレビ局関係者)

出典:NEWSポストセブン

本当に不仲なのかどうかは本人たちにしか分からないことですが、恋愛事情が絡んでしまった以上は昔のような関係ではないのかもしれないですね。

error: Content is protected !!