スポーツ選手

佐々木朗希の父親は震災の被害に…!母親や兄弟など家族情報まとめ

岩手・大船渡高校の佐々木朗希(ろうき)選手がドラフトでも注目されています。

こんな素晴らしい選手を育てたご両親はどんな人なのか気になるところ…

実は父親は2011年の東日本大震災の被害に合っておりお亡くなりになられています。

母親や兄弟と一緒に辛い経験を乗り越え、現在の佐々木朗希選手があるのです。

佐々木朗希選手の父親・母親・兄弟など家族情報についてまとめました。

佐々木朗希選手の家族構成

佐々木朗希の家族

佐々木朗希選手の家族は5人で、兄弟は兄と弟がいます。

父:功太さん(享年37)

母:陽子さん

兄:琉希さん

弟:怜希さん

ただ、2011年の東日本大震災で父・功太さんは若くして亡くなられています。

兄と弟も野球経験者で、小さい頃から父・功太さんが熱血指導していました。

佐々木朗希選手の父親は震災の被害に

2011年3月、佐々木朗希選手の父親は東日本大震災の犠牲者となりました。

同じく、父方の祖父母も亡くなられています。

当時、家族全員で陸前高田市で暮らしており、父・功太さんは葬儀屋さんに勤めていました。

母親3人と兄弟は高台の施設に避難しましたが、父親は何日経っても連絡がつかず・・

5日後の3月16日にようやく見つかりました。

当時9歳の佐々木朗希選手はしばらくショックで家族とも会話ができなかったといいます。

今も父親の遺影に「行ってきます」と毎日声をかけて家を出ているそうです。

佐々木朗希選手の父親はどんな人?

佐々木朗希選手の父親は、休日には子供たちを連れ出して野球の練習に付き合っていました。

3歳年上の兄とも互角に勝負ができる佐々木朗希選手を見て、父親は昔から「朗希はすごい。将来はプロになれると思う」と言っていたそうです。

本当にプロになれる日がきましたね!

父親の身長は181cmで、佐々木朗希選手が190cmまで身長が伸びたのも父親譲りなのだと思われます。

父親が何かスポーツをしていたのかは分かっていませんが、運動神経がいいことは間違いありません。

佐々木朗希選手の母親はどんな人?

佐々木朗希選手の母親の名前は陽子さんです。

震災で父・功太さんを亡くしてからは、女手一人で3人の息子を育て上げました。

「かなり自由に育てました」と笑ってインタビューに答えていますが、大変な道のりだったことが想像できます。

母・陽子さんは、佐々木朗希選手の身長を伸ばすために午後9時就寝には寝るように昔から教育していたそうです。

佐々木朗希選手もプロ入りして母親に恩返しをしてあげたいときっと考えているはず!

佐々木朗希選手の兄弟も野球選手

佐々木朗希選手には兄と弟が一人ずついます。

兄が野球をしていたことがきっかけで野球を始めており、弟もクラブチームで野球をしています。

兄:琉希さん

佐々木朗希の兄

佐々木朗希選手の3歳年上の兄は、現在東北学院大学3年生です。

小学3年生から高校まで野球をしており、大船渡高校の野球部OBでもあります。

4番も打ったこともある兄の存在は、佐々木朗希選手の目標となっていました。

父親が震災で亡くなってからは父親の代わりとなって弟たちの面倒を見たりと母親を支えてきたそうです。

佐々木朗希選手とも仲良しで、よく洋服をプレゼントしたりしているそうですよ!

弟:怜希さん

佐々木朗希の弟

弟・怜希さんは、佐々木朗希選手も所属していた猪川野球クラブで小学生から野球をしています。

おそらく現在は中学生で4歳年下なのだと思われます。

小学生時代はショートを守っており、好プレーで全国大会出場時の中心メンバーとなりました。

お兄さんが大物だとかなりプレッシャーだと思いますが、佐々木朗希選手を超える存在になってほしいですね!

以上、佐々木朗希選手の父親・母親など家族についてでした。

error: Content is protected !!