未分類

高輪ゲートウェイがダサいw選定理由が公募意味ないと話題に!

品川駅と田町駅の間にできる新駅の名前が「高輪ゲートウェイ」に決定しました!

山手線の駅名とは思えないダサい駅名にびっくりしてしまいましたw

選定理由は公募なのですが、「高輪ゲートウェイ」は130位だったのです。

なぜわざわざ公募をかけたにも関わらず、ダサい高輪ゲートウェイが採用されたのでしょうか?

山手線新駅がダサすぎる”高輪ゲートウェイ”に決定

山手線の田町駅〜品川駅間に開業予定の新駅の名前が、12月4日に「高輪ゲートウェイ」に決定したことが発表されました。

山手線の中でもっとも距離が長い田町〜品川の中間あたりに位置しています。

東京オリンピック直前の2020年春に開業予定となっています。

高輪ゲートウェイがダサい!選定理由は公募

高輪ゲートウェイ出典:JR東日本サイト

JR東日本より意気揚々と発表された新駅名「高輪ゲートウェイ」ですが、ダサいと話題になっていますねw

選定された理由は何なのでしょうか?

ダサい駅名は公募で選ばれた?

今回の新駅名は公募で選ばれています。

ところが、「高輪ゲートウェイ」は公募で1位だったわけではないのです。

公募には約6万4000通応募があり、約1万3000種類の案がありました。

多かった駅名のTOP10は以下です。

  • 1位:高輪(8398件)
  • 2位:芝浦(4265件)
  • 3位:芝浜(3497件)
  • 4位:新品川(2422件)
  • 4位:泉岳寺(2422件)
  • 6位:新高輪(1275件)
  • 7位:港南(1224件)
  • 8位:高輪泉岳寺(1009件)
  • 9位:JR泉岳寺(749件)
  • 10位:品田(635件)

肝心の「高輪ゲートウェイ」は10位以内どころか、36件で130位でしたw

JR東日本の選定理由説明

JR東日本は「高輪ゲートウェイ」の選定理由を以下のように語っています。

新しい駅が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点として、街全体の発展に寄与するよう選定しました。

新駅は、JR東日本が開発している13万㎡の再開発エリアの玄関口となる。また、この再開発エリアは「グローバルゲートウェイ品川」というコンセプトが掲げられ、「世界中から先進的な企業と人材が集い、国際社会に受け入れられる街」を目指している。

出典:Yahoo!ニュース

公募で1位だった「高輪」と、再開発エリアのコンセプトである「グローバルゲートウェイ」を組み合わせたというわけですね。

高輪ゲートウェイがダサい&公募意味ないと話題に

高輪ゲートウェイ出典:JR東日本サイト

一応、”一般公募の意見を参考に”と言われているものの、さすがに130位の駅名を採用したのでは公募の意味がないように感じますよねw

公募を無視したあげくダサい駅名にしなくても…

筆者と同じく「高輪ゲートウェイ」の命名に疑問の声が多数あがっています。

ダサすぎるという声

公募の意味は何なの?という声

一応、公募してみたものの出来レースだったようにも感じてしまいますよね。

高輪ゲートウェイだけじゃない!公募が意味なかった事例

実はJR東日本が行った過去にも一般公募が意味なかった事例がありました。

東北新幹線の名称

東北新幹線のE5系の名称も一般公募がされていました。

一般公募が意味なかった過去事例出典:Twitter
  • 1位:はつかり
  • 2位:はつね
  • 3位:みちのく

なぜか7位の「はやぶさ」に決定し、一般公募TOP3の名称は完全無視でしたw

大きい会社ですから、上層部の意向には誰も逆らえないとかあるのかもしれませんね…

今回の「高輪ゲートウェイ」もダサいな〜と思ってたJR東日本社員は多かったのではないでしょうか?笑

ある意味、話題になったのでネーミング成功かもしれません。

error: Content is protected !!