芸人

【動画】とろサーモン久保田がラップでも上沼炎上騒動を煽っていた!

上沼恵美子さんを批判したとして大炎上したとろサーモン久保田さん。

Twitterで謝罪をしているものの、その後12月5日(水)収録のAmebaTV番組で、炎上騒動を煽るラップを披露していたのです。

反省しているどころか、煽ってるだなんて驚きです…

【動画】とろサーモン久保田がラップで上沼炎上を煽る

とろサーモン久保田さんのラップ炎上動画と歌詞をまとめました。

とろサーモン久保田の炎上経緯

とろサーモン久保田さんは12月2日(日)夜のM1打ち上げにて、泥酔して上沼恵美子さんを批判する姿をインスタライブで投稿して炎上しました。

炎上したために12月3日(月)15時にTwitter上では謝罪コメントを出しています。

謝罪もそもそもTwitter上でやるべきではない!などしてさらに炎上しましたが、なんと12月5日(水)朝収録のAmebaTV番組「NEWS RAP JAPAN」でも上沼批判騒動をさらに煽っていたのです。

とろサーモン久保田のラップ動画

その番組で披露した、とろサーモン久保田さんの動画はこちらです。

とろサーモン久保田のラップ動画内容

このラップの書き起こしはこちらです。

敗戦後の日本国民は権力や財力などにひれ伏した、

檻の中の羊のようになるように飼いならされた
強い者に立ち向かうヒーロー、悪い者を打ちのめすヒーロー
は二次元では人気を集めるが
会社や社会の中では年長者や権力者に意見をする事は
正しい事でも罪人 悪人のように大衆に吊るし上げられ、
羊として生きる事が正しいと洗脳された家畜達に批判される運命
にありますか
自己中心的で身勝手な思考に、観る者の反感を持ち
不快感を覚えていたくせに
誰かが権力に刃向かうとは何事だと声を上げると、一斉にそれに賛同 
自分達とは違う勇気ある者を潰しに来るのは彼等が皆、
権力に逆らえない自分の生き方を変える勇気がないのか 
家畜人間だからです 
だから僕はこの言葉が流行
ぼーっと生きてるんじゃねー、ぼーっと生きてる奴が入ってくんじゃねー
番組でこのラップを披露した背景や、意味については以下に記載します。

とろサーモン久保田のラップ動画の意味

とろサーモン久保田出典:Twitter

なぜ急に番組でこんなラップを披露したのか?というと、「流行語大賞2018」に対するコメントでした。

とろサーモン久保田のラップ動画の背景

久保田さんがラップを披露したのは、流行語大賞に対してラップでコメントしていくという番組企画でした。

NHKの人気番組”チコちゃんに叱られる”より、「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」が流行語大賞のトップ10入り。

「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」に対してのコメントとして先ほどのラップを披露しました。

とろサーモン久保田のラップ動画の意味①

久保田さんのラップ動画内容の意味を紐解いていきたいと思います。

檻の中の羊のようになるように飼いならされた
強い者に立ち向かうヒーロー、悪い者を打ちのめすヒーロー
は二次元では人気を集めるが
会社や社会の中では年長者や権力者に意見をする事は
正しい事でも罪人 悪人のように大衆に吊るし上げられ、
羊として生きる事が正しいと洗脳された家畜達に批判される運命にありますか

「強いものに立ち向かう&悪いものを打ちのめすヒーロー」とは、とろサーモン久保田さん自身のことを示しているのでしょう。

「正しいことでも罪人、悪人のように大衆に吊るし上げられて家畜たちに批判される運命」とは、まさに今回の上沼恵美子さんを批判して炎上した騒動のことですね。

とろサーモン久保田のラップ動画の意味②

自己中心的で身勝手な思考に、観る者の反感を持ち
不快感を覚えていたくせに
誰かが権力に刃向かうとは何事だと声を上げると、一斉にそれに賛同
自分達とは違う勇気ある者を潰しに来るのは彼等が皆、
権力に逆らえない自分の生き方を変える勇気がないのか
家畜人間だからです

「自己中心的で身勝手な思考に不快感を覚えていたくせに」というのは、上沼恵美子さんのM1採点にみんな不快感を持っていたくせにということでしょう。

「誰かが権力に刃向かうとは何事だと声を上げると一斉にそれに賛同」の、権力=上沼恵美子さんです。

このラップ動画の内容を要約すると、「自分を貫くことなくすぐ強者に巻かれて弱者を批判する人たちがダサい」と言いたいのでしょう。

久保田さんは今回の炎上騒動に反省するどころか、自分がやったことは正しいと思っている模様です…

error: Content is protected !!