モデル・Youtuber

YOSHIは生意気?ドリカム出禁以外にも色々やばすぎる【まとめ】

モデルYOSHIと森星さんが、ドリカムのライブを出禁になりました。

YOSHIがライブ終了後の楽屋前で大騒ぎしてスケボーを乗り回していたのです。

常識外れですよね^^;

YOSHIはドリカム出禁事件以外にも、数々の生意気エピソードがありました。

YOSHIの生意気エピソード①ドリカム出禁

YOSHIは、森星さんとともにドリカムのライブに出禁になっています。

森星さんがドリカムの大ファンで、2019年の全国ツアーにどうしても行きたい!ということで、知り合いに頼み込んでチケットを手配してもらったそうです。

森星さんは大親友であるYOSHIを誘って、ライブに行きました。

YOSHIをつれて行ったのが大きな間違いだったようです・・

ライブ終わりに楽屋挨拶に行くと、YOSHIは楽屋前で大声で騒いだり歌い出したりと大はしゃぎ。持ち込んだスケボーを乗り回しました。

この非常識な行動にドリカムメンバーの吉田美和さんと中村正人さんが激怒。

楽屋から出てきたスタッフがYOSHIと森星さんにこっぴどく注意した上、出禁を言い渡しています。

森星さんは騒ぐ行為はしていなかったものの、「あんな奴を連れてきたのは誰だ?」と同行者として怒られてしまったようです。

YOSHIの生意気エピソード②さんまにタメ口

YOSHIは「行列ができる法律相談所」に出演した際、初対面の明石家さんまさんにタメ口で話しまくった上に”さんちゃん”と呼んでいました。

さんまはさんは「さんちゃんて呼ぶの、たけしさんかキャバ嬢やで〜」とうまく切り替えして笑いに変えていましたが、スタジオは少しヒヤッとした空気になっていました。

さんまさんからの問いかけに対しても、「思春期だから」「はーい!」と言ったやる気のない軽い返事ばかり・・

そして、浣腸まで!

ちなみに、この日の楽屋挨拶では「いぇ〜い」と言いながら楽屋に入ってきたそうです。

視聴者からは「生意気」「礼儀知らず」と言った声が多くあがりました。

さんまさんは「さんちゃんって呼ぶのはお前だけ許す、けど周りの人がいろんなことをそれをやることによって言われるかもしれないけどお前は気にせず突き進め」と言ってくれたそうです。優しさですね!

YOSHIの生意気エピソード③菅田将暉&太賀にもタメ口

YOSHIは2019年9月公開の映画「タロウのバカ」で俳優デビューしています。

大森監督のことを「たっちゃん」と呼び、共演者の菅田将暉さん・太賀さんにもタメ語で喋っていました。

しかも撮影の際、目の前にいる監督に対して「監督って誰〜?」と聞いたり。

初対面の太賀さんは「太賀でしょ?知ってるよ!何回か見たことある!よろしくね」と足を上げながら言われたそうです。

太賀さんは撮影中終始イライラしていたのだとか。

菅田将暉さんと太賀さんは大人としてYOSHIとどう付き合っていくか、真剣に話し合ったそうです。

菅田将暉 この才能を生かすも殺すも俺ら次第だから。けっこう会議したんだよ。
表に出ている人間としてはこのまま放っておきたい。でも、放っておいたらコイツは絶対に事故に遭うと。それは目に見えてるし。そんなしょーもないことで未来を失うのもイヤだから、何を教えていこうみたいな。

出典:NB Press Online

菅田将暉さんはYOSHIのことを”スーパースター”と褒めていましたが、実際に裏ではどう思っているか分かりませんよね。

YOSHIの生意気エピソード④態度がでかい

YOSHIの受け答えひとつひとつに態度のでかさが表れていて生意気と感じる人も多いようです。

  • 目標→ジャスティンビーバーくらい売れてる人。
  • 目標→社会現象を起こすこと
  • 目標→母親に5億円あげる
  • 初演技について→やってみて俺思ったんですけど。俺、天才かもしれない。

ジャスティンビーバー発言には不快感を感じた人も多くいました。

あまり生意気キャラが行き過ぎると、周りの大人に潰されそうですね・・!YOSHIが今後どうなっていくのか注目です。

error: Content is protected !!